交通事故で弁護士さんにお願いすると費用はどのくらい?

Q、交通事故の解決を弁護士さんにお願いすると費用はどの程度必要になりますか?

私は交通事故の被害者ですが加害者側との話し合いがうまくいかず困っています。
過失割合については決定したのですが加害者側の保険会社が十分な保証をしてくれず私自身の思うように病院に通えなかったり、後遺症認定について検査を受けたいと言っているにもかかわらず、保険会社がこれに反対するような形で早く示談を成立させてくれといってきます。
このような部分について私はあまり口が強い方ではないため、保険会社スタッフと話をしていると思わずらかりましたと言ってしまいそうになります。

でも気持ちの部分では納得していないし、これからも後遺症認定についてしっかり検査を受けたいと思っているのでプロである弁護士さんにお願いして、今後の話し合いに協力してもらいたいと考えています。
このような問題を弁護士さんにお願いした場合、どのくらいの費用が必要になるものなのでしょうか?
初めてのことで費用について分からず不安に感じています。
あまりにも弁護士に支払う費用が高くなってしまうようであれば経済的な事情を考えても示談に応じるしかないのかとも考えているのですが、できば良心的な弁護士さんを探して今後の話し合いをお願いしたいと思っています。
数十万円単位で弁護士さんへの費用は発生してしまうものなのでしょうか?

A、最終的に決定した保険会社からの保証金額によって違います。

交通事故の話し合いを弁護士さんにお願いするということは今後の保証についてはもちろんですが、最終的に慰謝料の支払いや後遺障害が認められた際の逸失利益などについてもすべて弁護士さんの力を借りて計算することになります。
そのため、今現在で保険会社が提示してきている金額よりも高くなることが考えられるのですが、弁護士さんに支払う費用というのは結果的に保険会社がいくら保険してくれるのかによって違いがあります。
必ずしもいくらと決まっているわけではなく、弁護士が間に入ることで慰謝料や逸失利益について上乗せがあれば上乗せされた金額の何割という形で弁護士費用を支払う形になっています。
そのため現状としてはどのくらいの金額が必要になるとは言えませんが、一つだけいえるのは弁護士さんが入ることで上記したように慰謝料の金額などが大きく跳ね上がりますから、弁護士費用を負担する側としても経済的に厳しい状況ではなくなります。

また支払うタイミングについても保険会社から支払が終了した段階で弁護士さんに支払うと言うケースがほとんどですので、依頼する段階で、まとまったお金を準備する必要はありません。
初めての経験で様々な不安があると思いますが、近年では無料で相談を受け付けてくれている弁護士さんなどがいるので、まずは相談だけでもしてみましょう。

それから費用の支払いについてお細かく確認しても遅くはありません。
どちらにしても後遺症認定などについて保険会社が反対する姿勢でいるのであれば、思うように検査が受けられなかったり、今後も検査を受ける前に示談成立をさせるべく保険会社がしつこく連絡をしてくる可能性もあるため、できるだけ早く弁護士に相談した方が良いと言います。
その上で弁護士に今後の話し合いを任せてしまうことで無理に保険会社の勢いに押されてしまうようなこともなく、必要な検査を受けたり慰謝料そして後遺障害が認められた場合には逸失利益を受け取ることが可能になります。

今は弁護士費用を心配するよりも、まずは全てを弁護士に相談し今後どのように保険会社と話し合いを進めていけばよいのかについてを考えましょう。